Site Overlay

自己紹介

モデル・鈴木詩織の自己紹介。私の人柄やどうしてこの仕事をしているのかなど。

もともとそこまで自信があるタイプでもなかった

作家とモデルとライター……派手な肩書きでいかにも自信がありそうな人間に見られることも多いが、私はもともとそこまで自信があるタイプではない。

子供の頃に語る夢の職業はモデルだった。クラス内での発表会でもそんなことを言っていたし、小学校の卒アルにも書いていた。

でも成長し、進学を意識するにつれてこう考える。

「モデルの仕事では食っていけない」

そして高校に進学してからは大学選びに困ってしまう。数学と物理が好きだったため迷わず理系を選んだものの、どの学部を選んだらいいのか分からない。模試の志望校はネームバリューで行けそうなところを選ぶばかりだった。

ただ、高校在学中に文芸部に所属し、小説を書き始め、私はその面白さにハマっていった。

「文章を書いて生きていきたいな」

なんてことも考えたが、すぐに、

「それを仕事にすることは私にはできない」

と思ってしまった。

結局浪人を経て、執筆ともモデルとも関係のない経営学部に進学してしまう。

ミスコン出場を機に「私にもできる」と思えるようになった

大学在学中も執筆で生きていきたいと思いながらも、結局三重県の中小企業に就職した。そして入社3ヶ月でその会社のことを憎むようになり、労働組合を巻き込んで経営陣と喧嘩もした。

「こんな会社すぐに辞めてやる」

と思いつつも、

「『石の上にも三年』と言うし、とりあえず3年は頑張ってみようかな」

と考えて耐えた。

そんな中でミスユニバース三重大会の存在を知った。身近で働いていた女の先輩の勧めもあって、私はエントリーした。

書類審査に通過し、二次審査の面接も通過し、私は晴れてファイナリストになり、ステージに立つことになった。仕事だけでなくファイナリストとしての活動に追われる日々は忙しかったが充実していた。

「もしかしたら私は本当はもっと『何か』ができるのかもしれない」

地方大会ごときで大袈裟だと思う人もいるかもしれない。でもそれまであらゆることに対して「自分には無理」と思い続けてきた私にとって、「何かができる」と思えることは快感だった。

私の考える「美しい女性」

中国史オタクだったこともあり、歴史上の美女や女傑に対する憧れもあった。男を魅了するためにはただ色があるだけでは足りない。男を引きつける才がなければならない。

そんな美女へのイメージに、戦で戦う男たちの美しさが足される。義に篤く、誠実な態度を貫く男。

初めてミスコンに出た時、私は運営から指示された通りにFacebookのアカウントを作った。そして大会公式ページに私のプロフィールが公開されると同時に「きれいですね」などの容姿に対する称賛の言葉が大量に送られてきた。こうしたメッセージから男の醜い下心を感じて不快な思いをしたこともある。

しかしミスコンとは女性らしい美しさを競う大会なのだから、出場することでこうして容姿に注目されるのも当然と言えば当然だ。

「ならば私はこうして容姿で注目されることを利用してやろう」

私はそこでそう考え、

「ただのきれいな人ではつまらない。ミスコンが終わっても私はただのきれいな女で終わらない。私は執筆ができる。ならば執筆もできるきれいな人に、私はなろう」

と決意した。

なかなかうまくいかない経験もたくさんしてきた

ミスコンによって「私はできる」と思い、「執筆もできるきれいな人になる」と決意した私は、結局2年でその会社を互いに憎み合いながら辞めた。ただ一方的に私が会社を憎んでいたわけではない。新入社員の分際で互いに憎み合ったのだから、我ながら気骨は十分だと思う。

会社を辞めて、私は作家・モデル・ライターの仕事を始めた。

しかし思うように私の仕事は伸びなかった。モデル事務所に所属していたものの、モデルの仕事がない。ライターの仕事は今思うと報酬が安すぎるものばかりで、どんなに頑張っても稼げるわけがなかった。

中でも一番惨めだったのは、それまで「応援してる」と私に声援を送ってきていた人たちから作品を販売し始めると全く興味を持たれなかったことだった。興味を持たれないどころではない。「結局お金か」などと言われ、金の亡者扱いをされた。

それまで私の「作家としても活躍したいです」という発言に温かい言葉をかけられてきたからこそ、自称ファンたちからのこの反応はかなり堪えた。

「あんたらは一体私の何を応援してたんだ」

そう問いかけずにいられなかった。

さらに身近な友人たちからは「やってることがおかしい」「詩織ちゃんの作品や活動に意味も価値もない」などと言われ続けた。

「私にもできる」

そう思って始めた活動だったが、結局始めた当初は苦しみの連続だった。

それでも私は好きな仕事を続けていきたい

周囲からの冷たい反応に、私は散々苦しめられた。

それでも私は作家・モデル・ライターの仕事を今でも続けている。

「どうしてそれだけ嫌な思いをしながらも続けてるの?」

人にそう尋ねられると、

「好きだから」

としか言いようがない。

今までアルバイトも含めていろいろな仕事をしてきた。しかし「続けたい」と思えるような仕事はそれらにはなかった。そういう仕事では嫌なことがあると仕事を辞めたくなるほど、そして実際に辞めるほどその仕事が嫌いになった。

作家・モデル・ライターの仕事ではそれがない。もちろん嫌なことはあるが、それをきっかけに辞めたいと思ったことはない。

私は自分自身の体や能力を使って、自分自身の思いを表現するのが、誰になんと言われようとも好きなのだ。

だからこの仕事しているし、そう簡単に辞めることもない。

苦しいことも嫌なことも、そもそも自分に自信がなさすぎて悩んだこともたくさんあったが、そう思える仕事に出会えたことは人生における幸せの1つだったと思う。

そして、

「自分のやりたい仕事をする」

「自分にはそれを成し遂げられる」

と思いながら生きるのはやっぱり楽しい。

その喜びを表現するために、私は作家・モデル・ライターの仕事をしている。

Pocket

Copyright © 2021 Ling. All Rights Reserved. | Catch Vogue by Catch Themes