Site Overlay

Lingの目的1:仕事の目的は挑戦ではなく継続

誰もが知っていることだがどうやって働くか、そしてどうやって生きるかに正解はない。

ただ、正解がないと言いながらうやむやにしたままだとこのLingが成り立たないため、私鈴木詩織なりのキャリア観をここに示しておく。

「挑戦」に疲れた

私はミスコン出場をきっかけに一念発起時し、勤めていた会社を辞めて「好きなことを仕事にしよう」と言いながら執筆業とモデルの仕事を始めた。始めた当初、不安はあったもののもちろん自分の中には「この道で成功している自分」のイメージはあった。

しかし計3度のミスコン出場と収入が不安定な仕事への転職は想像以上に私の心身に負担をかけていた。おまけに私は2017年に結婚をし、2014年の入社から結婚までには計4回も引越しをしている(ちなみに在職中の2度の引越しは会社と喧嘩した原因の1つだ)。

人間は環境が変わるとストレスを感じるもの。結婚のようなポジティブなものでも、私はそこに至るまでにすっかり疲れてしまった。

だから結婚した直後は「しばらく……これから3年くらいは、30歳になるまでは、何かに挑戦するとかはできるだけ避けてゆっくり休みたい」などと周囲に漏らしていた。

本来「挑戦」とはそういうものだと思う。希望の光に満ちている反面、心身に負担をかけるもの。

「挑戦」がしきりに求められる現代

バブル崩壊以降、景気が低迷し続けている。しかも日本は今少子高齢化と地方格差の問題にも直面している。私が新卒入社した頃の話になってしまうが、「ブラック企業」という言葉が流行語大賞に選ばれ、かつては高度経済成長を支えたかもしれない従来の働き方も通用しなくなった。そこに2020年のコロナ禍。

こうした時代ではしきりに「新しいことに挑戦しよう」ということが叫ばれる。副業を解禁するどころか社員に推奨する企業も増えた。SNSなどでコミュニティ作りも活発に行われるようになった。

仕事の方面だけでなく、趣味の分野でも挑戦することの価値は叫ばれる。「人生一度きりなのだから好きなことを仕事にしよう」と叫ばれたり、趣味を見つけるために躍起になったり。

SNSを開けば何かに挑戦し、努力し、成功ている人はたくさんいる。そういうものにただ憧れるだけならばまだいい。

しかしそれらの本質を見抜こうともせず、内容についてよく考えることもせず、ただ条件反射のようにいいねやコメントをしている人を見ていると、「挑戦」に対する歪んだ憧れと認識が世間に蔓延している気がしてならない。

果たしてそこまで「挑戦」は価値あるものなのか?

かれこれ数年間、あれこれ挑戦した結果望んだものを手に入れた一方でくったくたに疲れてしまった私は思う。

「果たして『挑戦』にそこまでの価値はあるのだろうか?」

副業を始める。転職をする。朝活に参加する。コミュニティに入る。もちろんこれらには価値はある。

でも、無理をしてやるものでもない。

人間も他の生物と同様、自分を取り巻く環境が変化すると強いストレスを覚えるもの。例えポジティブな変化であってもストレスはかかる。

そして挑戦とは自ら自分の周りの環境を変えることだ。

心身に負担もかかるし、疲れないわけがない。

だから私は「挑戦そのものにそこまでの価値はない」と思う。

ただ目の前の作業をしているだけでは仕事を継続できない

「挑戦にはさほど価値はない」

そう言うと、

「ただ目の前の作業をしているだけでいいんだ」

などと誤解する人もいる。

私は仕事をする上で目の前の作業をしているだけの人間が大っ嫌いだし、前の会社でもそういう人間を散々毛嫌いしてきた。そういう人間よりも無鉄砲に挑戦に走る人間の方がはるかに好感度が高い。

仕事を継続させるためには絶えず工夫をしなければならないことを忘れてはならない。

……そもそも「目の前の作業をしているだけでいい」と思っているような人は、このサイトにも来ないし、ここまで読まないとは思うが念のため。

仕事の目的は「挑戦」ではなく「継続」

本来仕事の目的は世の中に全く新しいものを提供することではなく、人々の生活に価値あるものを提供「し続ける」ことだ。一発バーンとすごいものを作って人々の目を引いたところで、それを作り続けられなければ浸透もしなければ記憶にも残らず、人の役に立つこともない。

例えささやかなものであってもある人にとって役立つものが、作り続けられて初めてその仕事に価値は生まれる。そしてそういうものが本当に「価値あるもの」として讃えられる。

仕事をする上で本当に大事なのは「いかにしてこの仕事を継続させるか」と考えることであり、革新的な挑戦ではない。

挑戦とは仕事を継続させるための手段にはなり得るが、それだけでは不十分なものでありリスクも高い。

私の考える仕事の目的、そしてLingの趣旨

本当に価値があるのは仕事を継続すること。継続することで初めてその仕事は社会的な価値が生まれる。

もちろん「挑戦」には価値があるし、そこで得られる幸せもあれば成功もある。でも「挑戦」は決してそれ単体では仕事の目的になり得ない。仕事をする上で本当に大事なのは仕事を継続することだ。

革新的な挑戦を煽るのではなく、仕事を継続させる思考の大切さを伝える。

これがLing全体の趣旨だ。

Pocket

Copyright © 2021 Ling. All Rights Reserved. | Catch Vogue by Catch Themes