Site Overlay

仕事の目的はお金ではない?本当の仕事の意味について考える

「何のために仕事をしているのだろう」

これまでに学生時代のアルバイトも含めていろいろな仕事を経験してきたが、私も頻繁にこうしたことを考えてきた。

しかも「人間30歳になったらもう少し丸くなるかな」と期待していたが、実際に30歳になったら自身の態度が硬化してしまい、仕事の上で割り切れないことも増えてきた。嫌々やっていることに対して「お金のため」だとか「将来のため」などと割り切れなくなったのだ。

今の私はとってつけたような適当な理由で働けなくなってしまった。

そんな中で改めて「何おために働くのか」と考えてしまう。考えていくうちに思い至った私の「働く目的」を以下では紹介していく。

仕事の目的の第一は「自分の幸せのため」

「自分を幸せにできない人間に他人を幸せにすることはできない」

とはよく言われているし、私も実際にそうなのだと思う。自分自身を幸せにできない人間がどんなに周囲の幸せを願ったところで周囲は幸せにならない。というのも不幸な人間は他人の幸せを祈ることに依存しているだけのことでしかないからだ。

「私は不幸な人間だけど、周りの人が幸せなのを喜べる私はいい人」

不幸な人間はそんな気分に酔ってしまう。酔っ払った結果周囲を逆に不幸に引きずりこむ。

だから生きていく上で最優先するべきことは自分の幸せなのだとつくづく思う。

それは仕事でも言えることで、仕事の目的が他人の幸せである人間にろくなやつはいない。「お客様の笑顔のため」などと言いながら自己犠牲を繰り返しすり減っていく人を見たことがある人は多いのではないだろうか。

仕事の第一の目的は自分自身の幸せを実現するためだ。この「幸せ」とは自己実現や達成感などの精神的なものだけでなく、物質的なものによる幸せも含む。

他人の幸せ自分

自分を幸せにすることができて初めて人は他人の幸せを実現することができる。だから他人は第二の仕事の目的になる。

人間一人の力には限界があるもので、例えどんなに頑張ったところで全世界全ての人類及び生物を幸せにすることはできない。私がこうして書かなくても、ほとんどの人がそう考えていると思う。

歴史には大きな功績を残した偉人は数多くいるが、彼らも別に全ての人を幸せにしたというわけではない。むしろ大きな功績を残した人間ほど嫌われ、憎まれていたことも予想される。

だからこの場合の「人のため」も別に全人類のことを指しているわけではなく、自分の身の回りのごく限られた人だけをイメージすればそれで十分なのだ。

自分自身が幸せならば家族のために働くことも、仕事仲間のために働くことも、お客様のために働くことも決して依存にはならない。

それこそあくまでも私個人は本当の意味で割り切り、自分の幸せを維持できるのであれば「お客様は大っ嫌いだけど家族や友人の幸せのために仕事をする」というのも問題ないとさえ思う。

余裕がある人間が「社会のため」に働く

自分も幸せであり、自分が幸せにしたい人の幸せも実現できると人間心に余裕ができるようになる。余裕ができると目の前のことだけでなく先のことも見据えた行動ができるようになる。逆に言うと目の前のことに囚われてしまうのは余裕のない証拠なのかもしれない。

将来の自分、そして大切にしたい人の幸せを思いながら未来を見れば、自ずと社会に目がいくようになる。自分や大切にしたい人の幸せを実現・維持するために必要な社会の仕組みなどが見えるようになる。

だから自分と大切な人の幸せを実現できている人は、その先の社会を見据えて働くのだ。これから先の社会をもっとよくするために仕事をする。

「後に生まれてきた人間の幸せを実現するのは先に生まれた人間の義務だ」

以前私の夫はそんなことを言っていた(厳密に言うとこのセリフが出てきた場面はこのテーマにそぐわないものなのだが)。

本当にそうだと思う。今生きている私たちにはこれから先の社会が少しでも豊かになるような工夫が求められている。

実際今日常の中で当たり前のように使っている物やサービスはこうした理念から生まれたものも少なくない。あらゆる仕事は社会を豊かにするために存在している。

だから仕事の最終的な目的は「社会のため」なのだ。

まとめ

「家族を養うため」
「生活費を稼ぐため」

など、お金のために働く人は少なくない。仕事で我慢や苦労をしていない、それなりに楽しく働いているように見える人の口からもこうした答えが返ってくることは実は難しくない。

少し前までは私も「お金のために働くなんて」と思っていた。

でも少なくとも現代の日本で生きていくためにはお金が必要なのもまた事実。そんな中でお金のために働くことを安易に否定するのもどうなのか……とこれまでの仕事の経験を経て思うことが増えた。

「別に幸せのためならばお金のために働いてもいい」

しかしそう思うようになると逆に自分の働く意味が分からなくなった。お金のために働くことを否定できなくなると一層強い意志を自分の中に求めるようになってしまったのだ。

過度な自由はかえって人を混乱させる。

過去の経験を顧みると同時にそうやって悩みながら私はこの記事を執筆した。

Pocket

Copyright © 2021 Ling. All Rights Reserved. | Catch Vogue by Catch Themes