Site Overlay

リモートワークの導入率はどれくらい?実態と導入する上でのコツ

働き方改革や新型コロナウィルスの影響を受け、リモートワークを導入する企業が増えている。しかし導入したもののオンラインの限界を感じている人は少なくない。リモートワークを導入する上で重要なのはオンラインとリアルのバランスだ。

この記事ではリモートワークの導入率に触れながら、オンラインでの人とのつながりの限界、それに対する対処法について解説する。

リモートワークの導入率

新型コロナウィルスの感染拡大を受けてリモートワーク・テレワークを実施する企業が増えた。パソコンとインターネット環境など必要な設備があれば仕事ができるリモートワークでは、様々なメリットがある。

カオナビHRテクノロジー総研調査レポートは2020年8月時点で以下のような調査結果を発表している。

「Q:現在の就業場所への出社状況について教えてください」
引用:カオナビHRテクノロジー総研調査レポート 緊急事態解除後のリモートワークはどうなった?~リモートワーク実態フォロー調査レポート1~

これによると現在毎日出社している人は73.6%であるのに対し、「毎日リモートワーク」「出社とリモートワークを併用」は合わせて23.2%であることが分かる。

カオナビHRテクノロジー総研調査レポートは5月にも同様の調査を行なっている。その際の調査結果と比較すると、「毎日リモートワーク」「出社とリモートワークの併用」は減少し、「毎日出社」は再び増加していた。

果たしてフルリモートは可能なのか?

こうした調査結果からは「果たしてフルリモートは可能なのか?」という疑問が浮上する。多くの人がリモートワークに何かしらの不便さ・不都合さを感じているから5月と8月でこのような変化が生まれたのではないだろうか?

実際私の身の回りでもリモートワークのやりにくさを訴える人はいる。

「新しいアイディアが浮かばなくなった」といったものからは、やはり仕事の上でのアイディアとは人との関係の中でうまれるものなのだということを実感させられる。人間関係を面倒に感じることもあるものの、やはり直接人と会うことは重要なのだ。

「ずっと家にいるのは辛い」と言う人もいる。ずっと家に引きこもっているとどうしても気持ちが鬱屈としてしまうものだ。通勤は面倒ではあっても息抜きにはなる。家族としか会話をしない、あるいは一日中誰とも会話をしないというのも人を孤独にさせる。

リモートワークの普及と同時にオンライン飲み会も広く行われるようになった。しかしランク王の調査によると「オンライン飲み会でも十分に楽しめる」と答えた人の割合は31.1%であり、それ以外の人は「つまらないと感じる(29.5%)」「どちらとも言えない(39.4%)」と答えた。

オンライン飲み会は便利ではあるが、決して満足なコミュニケーションが取れるというわけでもなさそうだ。

オンライン飲み会についてどう感じていますか?
引用:ランク王 総勢1000人に大調査!コロナ禍におけるあなたの飲み会に対する意識は?

オンライン上だけの人間関係には限界がある

私自身、執筆の仕事はオンライン上で行うことがほとんどだ。かれこれ数年間この仕事をしているが便利さを感じる面もあれば不便さに頭を悩ませたこともある。

また、SNSを通じて発信することでも悩みは絶えない。どうしてもSNSでは伝えられる情報に限りがある。自分の思った通りに相手に伝わらないことは、実際に会って行うコミュニケーションよりも圧倒的に多かった。

SNSには誰とでもつながれるというメリットは確かにあるが、伝わる情報量が限られているためそのつながりはどうしても弱くなってしまうものだと思う。

さらにSNSは毎日見ているうちに「人とつながっている」と錯覚してしまうこともある。そこまで信頼関係を築いていない相手に対してやたらと親密に振る舞ってしまうことは誰にでもあることだ。

それこそリアルの世界では高いコミュニケーション能力を持っている人でも変に錯覚してしまい、トラブルを起こすことはある。

重要なのはオンラインとリアルとのバランスを取ること

リモートワークを実践するにあたって重要なのは「オンラインでは伝えられる・得られる情報にお互い限界がある」という前提の元、オンラインとリアルとのバランスを取ることだ。バランスを取ることで快適に仕事をすることができる。

週5日、平日に仕事をしている私は、5日のうち2・3日は外出するように意識している。電車で約1.5時間移動して名古屋に出かけたり、近所のカフェで仕事をする。そうすることで孤独に陥ることなく快適に仕事ができる。

「5日のうち2・3日」というのはあくまでも私にとって最適な割合だ。全ての人がこの割合に当てはまるわけではない。人によっては「1週間に1回の出社がちょうどいい」かもしれないし、「1ヶ月に1回でいい」という人がいても当然だ。

自分にとって最適な割合は試行錯誤しながら見つけるしかない。試行錯誤するためには仕事に対する主体性も求められる。

そしてテレワークを導入する企業はそれぞれの従業員が、自分にとって最適な割合を見つけられるように仕組みを整える必要がある。

まとめ

リモートワークを導入する企業が増えている中で、そこに不便さを感じている人も現れた。どうしてもオンライン上でのコミュニケーションには限界がある。

重要なのはリモートワークを実践する人がオンラインとリアルのバランスを取れることと、導入企業がバランスを取ろうとする従業員をサポートすることだ。

従ってリモートワーク導入には働く人それぞれの主体性が求められる。それも含めてリモートワークの普及は日本の働き方を変えるのではないだろうか。

編集後記

本日の晩ご飯に夫が作ってくれたしいたけの炊き込みご飯。

私は執筆業の他にモデルの仕事もしているが、精神上の健康維持の上でこの選択は間違っていなかったと思う。

もし執筆業だけをしていたら、私は孤独に押し潰されていた。

もしモデルだけをしていたら、ヘトヘトに疲れ果てていた。

Pocket

Copyright © 2021 Ling. All Rights Reserved. | Catch Vogue by Catch Themes