Site Overlay

在宅ワークに向いている人・向いていない人の特徴を紹介

新型コロナウィルスの影響を受けて在宅ワークを導入している企業も増えてきた。こうした中で在宅での仕事に慣れる人・慣れない人が現れている。人それぞれの特性に合わせて在宅ワークを実践できるのが理想的だ。

この記事では在宅ワークに向いている人・いない人の特徴を紹介する。これから在宅ワークをしようと思っている人だけでなくこれから芸能界で活躍しようと思っている人の参考になれれば幸いだ。

在宅ワークに向いている人の特徴3つ

まずは在宅ワークに向いている人の特徴を3つ紹介する。

〆切を守れる人

クライアントが指定した、あるいは双方で決めた〆切を守って仕事をすることは、在宅ワークをする上で非常に重要だ。それこそ〆切を守るだけでクライアントから高く評価されるということも珍しくない。

万が一〆切に間に合わないと感じたらすぐにクライアントに相談しよう。早いうちに間に合わないという旨を伝えることで、クライアントもスケジュールを調整することができる。間違っても黙って〆切を踏み倒すということはしてはいけない。

計画性がある人

上記の〆切を守ることにもつながるが、1日のうちどの時間帯に作業を行うかをある程度計画できるのが望ましい。計画性がある人は在宅ワークに向いているとも言える。

事前に計画をしっかり練っておいても、もちろんイレギュラーなことが起こり、計画通りに作業ができないこともある。しかし計画性がある人は作業が滞ってもすぐに対処することができる。

重要なのは何をいつまでに終わらせる必要があるのかを整理できていることだ。例えば手帳をつけるのが苦手な人でも、タスク表を活用することで仕事が進められるということもある。自分にとって最適な方法を見つけて実践しよう。

仕事以外の人とのつながりがある人・作れる人

家で仕事をしていると、どうしても孤独になりがちだ。家族と一緒に暮らしていたとしても会話の幅が広がらず、人とのつながりを実感しにくくなる。一人暮らしの場合は誰とも会話する機会がなくなるため、自分の声さえ聞かなくなる。

孤独を解消するため、在宅ワークをする際には定期的に会える友達や趣味の集まりなどがあるのが望ましい。人と会うことで社会とのつながりを実感でき、孤独に陥らずに済む。

「私は依存体質でもないし、寂しいなんて気持ちにならないだろう」

そう思っている人でも在宅ワークで孤独に陥ってしまう人はいる。在宅ワークでの孤独は依存体質云々は関係なく、人間らしさの現れでもある。

個人的には在宅ワークで一番重要なのは「いかに孤独を解消できるか」だとさえ思っている。

在宅ワークに向いていない人の特徴2つ

在宅ワークに向いている人もいれば向いていない人もいる。以下では向いていない人の特徴を2つ紹介する。

文章でのやりとりに慣れていない人

在宅ワークでは仕事のやり取りの大半がメールやチャットサービスなどを使った文章で行われる。こうした文章でのやりとりに慣れていない人は在宅ワークに向いていないかもしれない。

昨今では「電話は面倒」という意見も目立つが、文章でのやり取りもなかなか手間がかかるものだと、在宅ワークを長くやっている私ですら思う。

自分の思った通りに伝わらずに誤解を生むことももちろんある。それだけでなく早く回答をもらわなければ仕事ができないのに、なかなか返事がこないということも珍しくない。

「いっそ電話した方が短時間で解決するのに」

何度そう思ってきたことか……。

文章でのやり取りの面倒さを割り切れない人には在宅ワークは向いていない。私は無理やり怒りを押さえ込み続けているに過ぎない。

作業環境を用意できない人

長時間同じ姿勢で居続けることもある在宅ワークでは、適切な作業環境が用意できない場合体に過度な負担をかけることになる。適切な作業環境を用意できない人が無理に在宅ワークをしようとすると健康を害する恐れもあるのだ。

私は過去に自宅にあった安い椅子に座って長時間デスクワークをしたところ、坐骨神経痛になってしまった。死ぬわけではないものの常に下半身を激痛が支配する坐骨神経痛は、モデルの仕事にも影響を及ぼした。

他にも長時間キーボードを打ち続けることによる腱鞘炎にもなった。一番症状が酷い頃にはトイレのドアもゆっくりとしか開けられないほどだった。

坐骨神経痛は椅子とデスク、そして寝るときに使うマットレスを変えることで改善した。腱鞘炎は治療しながら手を休めたり湿布を貼ることで症状を和らげた。今では仕事の合間合間にストレッチや筋トレをするようにしている。

健康的に仕事をするためにも適切な作業環境を用意するようにしよう。

まとめ

「在宅ワークに向いている人・いない人」という切り口でこの記事を書いたが、私は本心では「工夫次第で誰にでも在宅ワークはできる」と思っている。私自身これまでに孤独にさいなまれたり、激しい怒りを感じたり、体を壊してきたことがあるからだ。

試行錯誤しながら自分にとって最適なやり方を探してみよう。

また、同時に私はモデルという仕事は在宅ワークとの相性がいいのではないかと思っている。スケジュールが不安定な芸能界の仕事は飲食店などでのアルバイトとの両立が難しい。仕事によっては空いた時間に作業ができることもある在宅ワークは、芸能界での夢を叶えたい人にもおすすめだ。

手に職をつけ、自分のスキルが活かせるという面でも芸能界で仕事をする上ではプラスになることもあるだろう。

編集後記

私自身、モデル事務所に所属していた時には収入について悩んできた。突然仕事が入ったり、「仕事が入るかもしれないからスケジュール空けておいてね」と言われていたのに結局入らなかったりすることが多く、外でアルバイトをしようにもなかなか両立ができなかった。

執筆業とモデルの両方をすることに、周囲及び似非ファンからは散々批判もされた。

しかしある時いつもお世話になっているカメラマンに言われたことがある。

「1人のモデルを5年間も撮影したことはなかなかない。だいたいモデルは長くても2〜3年で消えてしまう。鈴木さんがそれをできたのはモデルの他に執筆の仕事もしていたからだろう」

長くモデルの仕事を続ける上で、どう収入を確保するかは考えなければならない。

これから芸能界で仕事をしたいという人は、在宅で働く方法を考えてみるのもおすすめだ。

Pocket

Copyright © 2021 Ling. All Rights Reserved. | Catch Vogue by Catch Themes