Site Overlay

ジェームズ・ヒルトン『失われた地平線』読書感想文〜「成功」の意味〜

「なんでこんなタイミングで私はこの本と出会ったのだろう?」

小説を読んでいるとそんな気分になることがかなりの頻度である。

自己啓発本は表紙に内容が書いてあることが多い。そうすることで「この本は読者であるあなたのニーズに答える本ですよ」ということをアピールし、興味を持ってもらうのだ。興味を持ってもらえれば当然買ってもらえる可能性も高まる。

しかし小説はそういうわけにはいかないことがある。タイトルと表紙の絵でなんとなく内容をイメージはできるものの、果たして何が書いてあるのかが分からないということが小説には多い。

ある意味「どんな物語が書かれているのだろう?」という疑問を抱かせることで興味を持たせる。ここは自己啓発本とは異なるところだ。

にもかかわらず、たまたま手に取った小説に「今の自分にふさわしい言葉」を見つけることが多いのはなぜなのだろう。

あるきっかけでたまたま私はジェームズ・ヒルトンの『失われた地平線』を読もうと思っただけであったはずなのに、この本には私にとってタイムリーな内容だった。

失われた地平線 (河出文庫)

新品価格
¥935から
(2020/11/7 18:27時点)

10年前くらいに見たパチンコのテレビCM

たまたま耳に入っただけの、意味も分からない言葉なのに強く記憶に残る言葉というものがある。
10年くらい前、『蒼穹のファフナー』というアニメのパチンコ台のCMを頻繁にテレビで見た。パチンコ台のイメージに合わせてアニメのシーンが流れる。BGMはもちろんテーマソングだ。

♪僕らは目指した シャングリ・ラ
♪欲望は抑えきれずに

Uta-Net

私は『蒼穹のファフナー』のアニメ作品を知らない。だからそのテーマソングもその時初めて聞いた。

ただ「曲調がかっこいいな」と感じたからか、「シャングリ・ラ」の言葉は意味が分からずともずっと記憶に残っていた。

「シャングリ・ラ」とは(この本のあらすじ)

最近GoToトラベルを使って旅行に行くことが増えた。夫婦で東京のおしゃれなホテルに泊まろうと思っていたところ、「シャングリ・ラホテル」というものを見つけた。

10年くらい前から記憶に残っていたその「シャングリ・ラ」という言葉を再び目にしたことをきっかけに、私はその意味を調べてみる。

シャングリ・ラとは架空の地名であり、ジェームズ・ヒルトンの『失われた地平線』という冒険小説に登場する楽園のことだった。

イギリス人の主人公が乗った飛行機がチベットの奥地に不時着してしまう。その後主人公は導かれるようにしてシャングリ・ラの地に辿り着き、そこで欧米にはない幸せを発見する。
……という物語だ。

Wikipedia 失われた地平線

元々冒険物や、「楽園」「ユートピア」といったテーマの作品が好きな私は、「こうしてたまたま『シャングリ・ラ』という言葉が目に止まったのだから、これも何かの縁だと思って読んでみよう」ということで『失われた地平線』を読み始めた。

夫婦ででかけた北海道旅行

読み始めたものの、1冊の本を読み終えるまでにそれなりの時間を要してしまう。

元から旅行好きの私たちは、東京旅行だけでなく北海道にも行くことにした。新千歳空港に向かう飛行機の中で、私は『失われた地平線』を読む。

世界最高峰の険峻な山に囲まれ、空気が薄く、それゆえの快適さがある楽園シャングリ・ラ。
全国的に曇り空が広がっていたその日の飛行機からは雲海が望めた。その風景を見て私はチベットの高地にあるシャングリ・ラを思い浮かべた。

自分にとっての幸せ

夫に言わせると、

「詩織は仕事が大好きなんだな」

ということだった。

私が「今の仕事自分に本当に向いてるのかな?」と嘆くと、

「詩織から仕事を取ったら何が残るんだ」

と言われる始末。

楽しいこともたくさんあるが、嫌なこともたくさんある仕事。それでも夫にそう言わしめるほど、私は自分の仕事が好きなのかもしれない。

私にとって仕事とは自分の思いを、哲学を表現する手段だ。

仕事では人との関わりが必要になってくる。そんな中でどうしても人と争うこともある。人と争うことはそれなりに体力や精神力を消耗する。願わくば避けて通りたい道だ。

人と争うことなく、自身の哲学を表現する。それができたらどんなに幸せだろうと常々思っている。

そして哲学を表現する過程に大切な人とのつながりがあれば、最高の人生になる。

北海道は夫婦で「将来移住したい」と夢を描いている場所でもある。例え観光であってもその地に夫婦で訪れることは、単なる旅行とは意味合いが変わってくる。

夫と北海道旅行をしながら、私は私にとっての楽園を思い浮かべた。

まとめ

「成功=幸せではない」
「お金を稼ぐ=幸せではない」

ということは広く言われている。私はこれまでにも、私がこうして仕事をするのを面白く思わない人たちから「愛情(笑)」を込めてこう諭されたことが何度もあった。

この言葉は真理であり、誤った意味で使われることが多い言葉だとも思う。言っている人間の立場や社会的地位、これまでの経験、そして語りかける相手に対する意識によって意味は大きくことなる。

「お金や社会的地位ではない幸せとは何なのか」

ジェームズ・ヒルトンの『失われた地平線』はこの問いの答えを教えてくれる気がする。

編集後期

休日ということで夫婦でカフェに出かけた。

焼きリンゴの甘さとキャラメルのほろ苦さがたまらない一皿。

Pocket

Copyright © 2021 Ling. All Rights Reserved. | Catch Vogue by Catch Themes