Site Overlay

コラム:「それっぽく聞こえる言葉」を言うときの心得

「人からよく見られたい」
「『頭のいい人』と言われたい」

批判されることも多い考え方だが、私はそういう感情はあってもいいと思う。こういう欲求はセルフブランディングにも役立つ。

インターネット上で相手に「頭のいい人」と思わせるのは簡単だ。「なんとなくそれっぽく聞こえる言葉」を書くだけで相手を錯覚させることはできる。

しかし「それっぽいこと」を言う際にはそれなりの注意も必要だ。以下では私が過去に経験した痛い経験を踏まえて「それっぽこと」を言う際の心得を紹介する。

相手に「頭がいい人」と思わせることは実はとても簡単

「中身が伴っているかどうかは別として、なんとなくそれっぽく聞こえる言葉」というものがある。偉人の名言チックなセリフとも言い換えられるかもしれない。ネット上にはそういう言葉が溢れているし、私自身そういう言葉を投稿するのは好きだ。

ただ、自分がそういう言葉を投稿しているときにかけられる「頭がいい人ですね」「聡明ですね」という褒め言葉は大した価値を持っていないのだということを私は経験上知っている。

もちろんそういう褒め言葉を言ってくる人は悪気があるわけでもなければ嫌味を言っているわけでもない。

しかし恐らく「どうして私がそういう言葉を書いたのか」「私がこの言葉に込めた思い」ということについては何も考えていない。ただ漠然と言葉の表面をさらって「こういうことが言える人かっこいい」と感じているだけだ。

たくさんの人に伝えられるにつれて本来の意味を失う偉人の名言に似た側面が、「それっぽい言葉」にはある。

「趣味:読書」の落とし穴

私の趣味は読書だ。それも割と古典を好んで読む。さらに経営学部出身ということもあり、経営学に関する本も読む。

誰もがなんとなく名前は聞いたことがあるような文豪。ぱっと見では意味の分からないカタカナ横文字の専門用語。私としては気軽に読んだ本の話を投稿したつもりでも、これらの名詞を見ただけで敬遠する人はものすごく多い。

そして単なる名詞だけに反応して敬遠するような人は私が何を感じ、考えたかなどに興味を持つことはない。

「頭がいい人ですね」という褒め言葉の本音

こうしてブログを書き、SNSをやっていると、とりあえず他人に「頭がいい人ですね」と言わせることはとても簡単なのだと実感する。ちょっとそれっぽいことを言って、ちょっと「難しそう(に見えて実は簡単に読める)本」を読んでいればそれだけでインテリイメージを作ることはできる。

しかし「なんとなくそれっぽく聞こえるセリフ」はやはり相手にもそれっぽくしか伝わらない。伝わりにくい。

そして変に単語に反応されて敬遠されるだけなので、自分が本当に思っていることが相手に伝わらない。いざ自分の本音を相手に伝えると「あなたはそんなとんでもないことを考えている人間なのか!」と驚かれたことさえあった。

「敬遠する」とは決して「相手を尊敬している」わけではない。敬遠してくる人間の本音は「隙あらば相手の欠点を暴きたい」のだ。「聡明な人ですね」と言ってくる人間はこちらの言葉を表面的にしか捉えていないだけでなく、こちらの揚げ足を取ろうと隙を伺っているのだ。

だから私は「なんとなくそれっぽく聞こえるセリフ」を書き、趣味で古典を読みながらも、それだけでは本当の意味で「頭がいい人」そして「教養のある人」にはなれないのだと痛感している。

それっぽいことを言うときの心得

繰り返すが私は「なんとなくそれっぽく聞こえる言葉」を書くのが好きだし、古典に限らず読書をするのも好きだ。だから今後も例え敬遠されようとも、敬遠された結果雑魚に絡まれようとも、そういうことを書いていく。

私がそれっぽいことを言う時にはだいたい「頭良さそうに見られたい」という思いもある。それっぽいことを言うことは私のキャラ戦略でもあり、セルフブランディングでもあるのだ。

でも、だからといってそのイメージへの欲求だけで突っ走ってはいけない。

だから私はそれっぽいことを言う時には常に「相手にはそれっぽく聞こえるだけかもしれないけど、自分の中では信念を持つようにはしよう」と思うようにしている。

本当に「それっぽく聞こえる言葉」は相手も言葉の表面だけをさらってそれっぽくとしか受け取っていない。本当のことを理解していないし、そもそも理解する気もない。

例え後から相手が私の本音に気づき「騙していたのか」などと感じたとしても、もし私に信念があれば傷つくこともないだろう。

そして信念があればそれっぽい言葉でしかない言葉も、いつか本当の意味で伝わるはずだ。

まとめ

インターネット上では「頭のいい人」「教養のある人」を演じることはとても簡単だ。だからうまくセルフブランディングに使っていけばいいとは思う。ただ、やはり羊頭狗肉になってはいけない。

いくら相手が表面だけで物事を判断するのが悪いからといって、そういう相手ほどこちらの本当の思い・考えを知った時に面倒なことになる。

それっぽいことを言う時には信念を持つようにしよう。

編集後記

今日は鉄道オタクの夫に付き合って撮り鉄のために飛騨に。

私が「本日の収穫は?」と尋ねたら「昼に食べた飛騨牛の焼肉がうまかった」と返ってきた。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2021 Ling. All Rights Reserved. | Catch Vogue by Catch Themes