Site Overlay

読書に効果はあるの?読書をするメリットを紹介!

読書をすることにはさまざまなメリットがある。たくさんの知識を身につけられたり、深みのある人間になれるなどの効果が読書にはあるのだ。

人生をより豊かにしたいと思う人はぜひ読書をしてみよう。読書を通して経験したことはさまざまな場面で役立ち、人生をより豊かにしてくれる。

この記事では読書をするメリットについて解説していく。

たくさんのノウハウを身につけられる

特に自己啓発本には人生で役立つノウハウがたくさん書かれている。こうした本を読むことでたくさんのノウハウや知識を身につけることができるのだ。

生きているとどうしても壁にぶつかってしまうことはある。そうした時に読書によって身につけたノウハウは問題にぶつかった際の武器になる。

読書をすることは身を守り、人生をより豊かにすることにつながるのだ。

想像力が豊かになる

「相手は何を考えているのだろうか?」
「こういう時はどうするのがベストだろうか?」

生きているとこのように悩む場面が出てくる。悩みを解決するためには想像力が必要だ。

読書をすることでこうした悩みを解決するための想像力を鍛えられる。

特に小説やエッセイなど、自分とは全く関係のない別人が登場する本の方が自己啓発本よりも想像力を鍛える上では役立つ。

小説やエッセイなどの文芸作品には具体的なノウハウが書いてあることが少なく、一見すると役に立たないもののように感じられるかもしれない。しかし小説やエッセイなどで鍛えた想像力は時に他人から教えられるノウハウよりも強い力を発揮することもある。

深みのある人間になれる

一冊の本を読んでいる間、人は自分で思っている以上に頭を使っている。こうして頭を使って考えた経験は人間としての深みに変化していく。

何も考えずに過ごしていると、どうしても薄っぺらい人間になってしまう。それっぽいことを言っているように見えて、実は世間で広く言われていることを並べ立てているだけの人は薄っぺらくなってしまう。薄っぺらい人間はどうしても周りの言動に左右されやすいため、結果として豊かな人生を歩めない。

深みのある人間になり、人生をより豊かにするためにはいろんなことを頭で考えなければならない。本に触れている間は頭を使わざるを得なくなるため、読書は必然的に人を深みのある人間にするのだ。

本当の自分が見えてくる

読書を通して感動することで、本当の自分が見えるようになる。

「自分の本当の気持ち」
「自分が本当にやりたいこと」

こうしたものが読書を通して明確になるのだ。

「感情を動かす」と書いて「感動」という言葉になる。積極的に感動し、感情を動かすすと、自分の感情の中でどうしても動かない部分が明確になってくる。

そのどうしても動かない部分こそが本当の自分の思いであり、自分の価値観の軸なのだ。

手軽に感動を味わい、逆に自分の中の動かない軸を明確にできる読書は、「本当の自分を知りたい」と思っている人に向いていると言える。

何度も感動を味わうことで自分の軸が明確になれば、他人の目が気にならなくなり、いい意味で世間体を気にせず生きられるようになる。

まとめ

本を書く仕事をしているからというのもあるが、読書は人生を豊かにしてくれるものだと信じている。読書は悩むことが多い人にとって力になる。悩むことが多い人ほど読書は救いになる。

もっと幸せに、豊かになりたいと思うのであれば読書をしてみよう。

数百円から楽しめる読書は、いつでも気軽に始められる。

Pocket

Copyright © 2021 Ling. All Rights Reserved. | Catch Vogue by Catch Themes