Site Overlay

在宅フリーランスとして働くメリットを5つ紹介!

働き方改革が進む中で注目を集めている働き方である「在宅フリーランス」。専業として仕事をしている人だけでなく、副業でフリーランスとして働いている人も増えてきた。

会社員やアルバイトといった働き方とは異なるメリットが在宅フリーランスには数多く存在する。この記事では在宅フリーランスとして働くことのメリットを紹介しよう。

自分のペースで仕事ができる

自分が引き受ける仕事の量や、仕事のタイミングなどを自由に決められるのは在宅ワークでフリーランスとして働くことの最大のメリットと言える。基本的に在宅フリーランスは〆切や納期さえ守っていればいつ作業をしてもいい。「今月は休みたいから仕事を減らしたい」といった場合でも調整ができる。

在宅フリーランスであれば朝の時間をゆっくりと過ごすこともできる。スケジュールを工夫すれば昼過ぎまで寝ることも可能だ。通勤などのストレスからも解放される。

例えば妊娠中や子育て中の女性や親の介護で忙しくまとまった時間をとれない人でも、在宅フリーランスであれば仕事ができるかもしれない。在宅フリーランスとしての働き方は、これまで仕事を断念せざるをえなかった人にとってチャンスになることもあるだろう。

やりがいを感じられる

クライアントと直接やりとりをして仕事を進めていくため、「ありがとう」などの感謝の気持ちを言ってもらえる機会がフリーランスは多い。こうしたことから「会社員時代よりもやりがいを感じられるようになった」と語る人もいる。

企業では複雑な評価制度が設けられていることも多く、そのために自分の仕事に対する評価が分かりにくいこともある。しかしフリーランスの場合は自分の仕事の成果やそれに対する評価がはっきりと分かる。

感謝される、評価されるなど、自分の仕事の成果をはっきりと認識しやすいため、フリーランスは会社員よりも仕事にやりがいを感じやすい。

収入アップが狙える

自分が望んだ収入を手に入れられるのもフリーランスの魅力の一つだ。

会社員として働いているとどうしても稼げる収入に限界がきてしまう。仕事で成果を出してもすぐには給与に反映されない。評価システムのために思うような給与にならないこともある。

仕事に対して値段がつけられているフリーランスとしての働き方は、働けば働いただけ収入が得られる。たくさん稼ぎたい・収入アップを狙いたいと思う人はフリーランスが向いている可能性が高い。

スキルアップをして他の人にはできないような仕事ができるようになるとさらに収入は増える。収入アップを狙うのであれば自分自身の希少価値をあげるようにしよう。

仕事が選べる

自分がやりたい仕事だけを選んで取り組むことができるのもフリーランスの魅力の一つだ。やりたくない仕事は断り、自分が興味を持てる仕事だけを引き受けることがフリーランスでは可能になる。

会社に勤めていると、本当はやりたくないような仕事でも引き受けなければならないケースも多い。特に日本の雇用形態は本人のスキルを重視するものではなく人物そのものを重視する傾向が強いため、一人の人が幅広い仕事をこなすことは珍しくない。

自分がやりたい仕事だけを選んでやっていきたいという人にはフリーランスとして働くことをおすすめする。好きな仕事・興味が持てる仕事だけを選びながら働けるようになるだろう。

ストレスから解放される

自分のライフスタイルに合わせて働ける。やりがいを感じられる。収入アップが狙える。好きな仕事ができる。

在宅フリーランスの働き方にはストレスなく働くために必要なこれらの要素が盛り込まれている。
ストレスフルな働き方を続けていると心や体に負担をかける。病気や怪我、事故などのリスクも高めてしまう。仕事をする上ではできるだけストレスをかけないように意識することも非常に重要だ。

女性の場合生理などで体調が不安定になることも多い。在宅フリーランスであれば体調が不安定な時でも自分の体を大切にしながら仕事ができる。

周りの環境に左右されることなくストレスと向き合いながら仕事ができる在宅フリーランスは、心と体の健康を維持しながら仕事をしていきたいという人におすすめの働き方と言える。

まとめ

コロナ禍の影響もありテレワークなどオンラインで仕事をするのが一般的になりつつあるため、今後在宅フリーランス向けの仕事が増えることが予想される。

「好きな仕事をしたい」
「やりがいを感じられる仕事がしたい」

そう思っている人は在宅フリーランスとして働く道も模索してみよう。

Pocket

Copyright © 2021 Ling. All Rights Reserved. | Catch Vogue by Catch Themes