Site Overlay

自分一人では限界がある?他人からの協力があってこそ夢はかなうもの

目標を達成し、夢を叶えるためにはもちろん自分自身の努力も必要だ。しかし自分だけの努力ではどうにもならないことはとても多い。

むしろ自分の努力など実は大したことなく、自分は神輿に乗っているだけで周りの人がえんやえんやと勝手に運んでくれることの方が実は圧倒的に多い。

つくづく夢を叶えるためには周りの人からのサポートが必要なのだと痛感する。

一人の力では夢を叶えられない

人間一人の力などたかが知れたもので、自分一人の力では目標を達成できない。大きな夢ほど周りの人の手助けがなければ実現は難しくなる。

夢の実現には情報の収集・拡散をしなければならない。そして情報は人が生み出し、人が運ぶものだ。だからこそ夢を実現させるためには人とのつながりが重要になってくる。

家族や身近な人からの理解も必要不可欠だ。身近な人から冷ややかな目で見られてしまうと、どんな人でも心が折れてしまう。

具体的な行為がなくとも、ただ理解してくれている。それだけでも勇気がもらえる。

甘え上手は強い

人に頼れる人は強い。

世の中には「他人に迷惑をかけてはいけない」という考え方が強すぎる人が多い。こういう人は優しい人かもしれないが、夢を叶える場合にはどうしても不利になってしまう。

実は少しくらい……というよりも派手に厚顔無恥に振り切っている人の方が目標達成しやすい。

本音を言える人の存在には感謝

残念ながら夢や目標を語ると嫌な顔をしてくる人もいる。しかもそういう人が家族や古い友人、恋人であることも珍しくない。身近な人ほど、そういう顔をされるのは精神的に堪えてしまう。

それでもある意味これは仕方のないことだ。夢を叶えるということは今の自分とは違う世界に行き、違う自分になるということでもある。だから一緒にその世界で生活できる人としか関係を維持できない。

夢を語ろうとする時に嫌な顔をする人は意地悪をしたいのではなく「あなたと離れ離れになりたくない。ずっとここで一緒にいたい」というメッセージを発している。

こうした別れが目標達成までの道のりでは多々ある。

だからこそ、夢を語っても嫌な顔をすることなく話を聞き、理解してくれる人はとても貴重だ。本音で語り合える人の存在には感謝の気持ちがあふれてしまう。

まとめ

自分一人の力にはどうしても限界がある。本当に実現させたい夢がある場合は積極的に周囲に頼るようにしよう。「なかなかうまくいかない」と悩んでいる人は、いっそのこと図々しさに振り切ってしまうのもおすすめだ。

Pocket

Copyright © 2021 Ling. All Rights Reserved. | Catch Vogue by Catch Themes